【収入アップ】電気工事士で働くメリット5選、役立つ仕事体験(年収、独立金持ち)

電気工事 仕事

この記事は

  1. 元電気工事士の男が
  2. 電気工事士の仕事、環境、収入
  3. 働くメリット

を紹介します!

管理人です、電気工事と言っても色々な現場がありますが、宅内工事のお話です。エアコン工事、照明器具、テレビのアンテナ設置など生活に直結するお仕事です。

結論を先に言うとやって良かったの一言です。具体的に良かったメリットをお話ししますね。

① 仕事があり続ける(永久的、生活インフラ、無くなる心配無用)

エジソン

電気無しの生活は不可能です

また、近年ですと記録的猛暑でエアコン無しの生活も不可能です、一般的な一戸建てですとリビング、キッチンに寝室、子供部屋。全部で5〜6機はあると思います。戸建のみならず会社にお店。日本全国で考えると膨大な数です。

また、洪水、災害が起きた場合、復旧作業は勿論、仮設住宅も作ります。災害で仕事を失う方もいますが、電気工事士は災害が起きても仕事はあるんです。

社会的インフラなので、永久的に無くならない仕事なんです。

② 仕事でやる事が実生活で使える(照明工事、アンテナ設置、家電配送)

頼もしい
上でも書きましたがお客様のお宅に伺い、エアコン、照明器具、温水便座、洗濯機の設置をします。仕事でする事が実生活で使えるんです!管理人は自宅の壁コンセントが壊れた際、ホームセンターで材料を購入、速攻で修理しました。

それ以外にも夏場に自宅のエアコンが故障した事もあったのですが、電材屋で材料を購入、半日で新品のエアコンを取付しました。

もし、自分に取付の技術がなければ猛暑中我慢し、工事屋さんが来るまで日待つという状況でした。今考えるとゾッとします。

③ 一人で仕事が出来る(単独行動、ストレスない仕事、人間関係気にしない)

孤独な仕事
初めは先輩、親方と一緒に行き仕事を覚えます。ある程度慣れてきたら一人で任され、個人で仕事が出来る様になります。

他の職人と連携して仕事をするのは重い物(20畳用エアコンの室外機)を搬入する、工事が予定通り進まず押している時、応援で行く位でしょうか。基本は一人で仕事をし、稀にお手伝いに行く程度です。

管理人は人付き合いが苦手で人間関係に悩む性格でしたが、電気工事士になってからはそういった悩み、心配は無くなりましたね。

④ 見習い期間、下積みは6ヶ月(電気工事士一人前になるまで)

修行
簡単というのは言い過ぎかもしれませんが、エアコン工事、照明器具の工事は取付ける順番、工程、流れがあります。管理人は基礎を覚えるまで、6ヶ月位かかりましたね。

電気工事士は基礎、流れを覚えれば簡単です。
基礎から他の工事に応用し、仕事の幅を増やす事が出来ます。

また、パソコン、家電は常に新しい物が出ますが、工事というのは基本変わりません。一度身につけた技術をずっと使う事が出来ます。


技術系の通信教育講座ならJTEX

⑥ 独立が簡単、一人立ち

管理人が独立した際は2LDKのマンションの一部屋を倉庫にして開業しました。収入は一夏のエアコン工事で月80万位稼いでいましたね、稼ぐ人(体力がある人)は月200万円の方も居ました。頑張り次第で収入を増やす事も可能です。

電気工事士まとめ

工事
管理人は今現在別の仕事をしていますが、収入が減った、災害が起きた時は電気工事士に復職します。電気工事業界は高齢化、人手不足、学歴も必要としない業界なので敷居は低いです。高収入、安定も狙える仕事です!

その他、おすすめの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました