【会社上司】退職引き止め、辞めさせてくれない理由4選(アルバイト派遣、学生高校生、大学生正社員)

この記事は

  1. 会社を辞めようと思っている人
  2. 上司から退職を止められた人
  3. 上司がどういった考えて止めているのか?

を紹介していきます

管理人です。過去、会社を退職をしようとしたら、上司に止められた。もしくは管理人自身が止めた事が何回かあります。退職を止める人間は何を考えているのか、いまいち謎ですよね。

上司が止める理由はおおよそ4パターンです、この記事を読んで止まるのか、退職するかしっかりと判断して下さい。

① 慢性的な人手不足、働き手が居ない

単純なパターンです。

「困ったな、今、人手が足りないんだよ」と言われるならまだオッケーなんですが、「どうして辞めるんだ!」と自分(会社)の都合勝手にキレられるパターン。

また、「ここで辞めたら他じゃ通用しないよ」ともっともらしい事を言うパターン。昭和ならまだしも、今のご時世「他じゃ通用しないよ」と説教してくれる(優しい)人なんざ、もう居ないです。

そして、一番最悪なのが「君は仕事が出来るのに」と嘘をついて引き止めて来るパターンもあります。管理人は仕事が出来ないにも関わらず、「仕事が出来るのに」と明らかな嘘をつかれ、速攻で辞めた事があります。

② 社員、従業員が減っている事を上から問題視されている

部下がすぐ辞めてしまう、人事から問題視されている上司にあるパターンです。

「辞める」と言われた瞬間、マズイと思ったのか「ごめん、俺が悪かった」と急に優しくなる人がこのパターンです。

結局は自分の評価を気にしているだけで、辞める人の事なんか考えていません。例え優しくなったとしても1週間で元に戻ります、何も変わりません。

「辞める」と言った瞬間、急に優しくされたら絶対に辞めましょう。

③ 仕事が出来る、スキル能力がある

能力がある人は引き止めます。その場合はまず「どうして辞めるのか」と具体的に話を聞きます。もっともらしい理由でしたら、会社はしょうがないと無理には引き止めません。

ただ、更にその上の上司が引き止めに来たら、本当の能力がある、会社に貢献している人です。自分が思っている不満を言えば、多少は考慮してくます。

④ 自分が育てた、情がある、可愛い部下

新人で入って来て、自分が一から仕事を教えた。色々と仕事もこなせる様になり、今では一人前になった。そんな部下が「辞める」と言ったら、育てた人間(上司)はどうするでしょうか。勿論止めにかかります。

しかし、辞める内容によって「しょうがない」と思ったら暖かく見送ってくれます。安心して辞めましょう。

まとめ

退職を止めるのは人手が足りない、会社都合、上司の勝手な都合。もしくは仕事が出来る、情があるのどちらかです。

前者であればとっとと辞めましょう、後者であれば残る事を考えても良いかと想います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました