【クレーム事例】販売接客うっかりミスで大事故、クビになる、笑えない失敗談5選

管理人です、家電量販店、百貨店と色々な接客業をやって来ました。

管理人は売場では色々なミスを犯してきましたが、致命傷、事故を起こした人間も多数見て来ました。その中で危険度の高い、言われないと気付かない、うっかりやってしまうミスを紹介します。

ペンを持って売場を歩く

ペンは鋭利で尖っています、管理人の部下でペンを持ったまま売場を歩いた店員が居たのですが、お客様のお子様のおで刺さるという事故がありました。

その場で大クレームとなり、彼女はその場で解雇になりました。歩き煙草と同じです。

おしゃべり

不真面目、遊んでいるという印象を与えます。お客様よりも店舗が目を光らせてます。管理人は様々な店舗で働いたのですが、社員、アルバイトがやっていたら呼び出し、厳重注意。外部社員(派遣、営業)がおしゃべりをしてたうら1発で出入禁止になってましたね。

売場で仕事の話をする事もあるでしょう、そんな時は笑わない、真面目な顔でやりとりし他の人達に誤解を与えないようにしましょう。

個人情報置きっ放し

ポイントカードの申込書、配送伝票、本人確認書類(免許証)カウンターに置きっ放しにして場所を離れる店員がいます。お客様のお名前、住所、電話番号が書かれている物です。

席を外す場合は、カウンター下、目の届かない安全な場所に置きましょう。店舗は節々に見ていますし、これで憤慨されるお客様結構います。

分かりません

店員さんに話しかけて「分かりません」の一言で切り捨てられた事、あると思います。かなり感じ悪いですよね、これだけで「もうこのお店は行かない」と怒った方も居るでしょう。

分からない場合は、他の店員に確認をする。もしくは考えるフリをし、申し訳無い表情で「分かりかねます(汗)」と言いましょう。接客は演技も重要です。

万引きを捕まえる

危険です。逆上されて殴られる事もあります。捕まえたとしてやってなかったは裁判沙汰になります。お店に万引きGメンが居るのでしたら、専門の方に任せましょう。

まとめ

主にうっかりやって取り返しがつかない行動を紹介しました。売場では色々な事故があります、物を売る以前に注意して動かなければならないのです。行動のみならず言葉もあります、宜しければご覧になって下さい。意識をすれば簡単に直りますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました